docomo sky
Please rotate your device
PRODUCT
Scroll Down

POINT

Skydio 3D ScanTM
主な特徴

「Skydio 3D Scan™」は、構造物を認識し、自動的、自律的に撮影しながら飛行することができる飛行支援ソフトウェアです。GPSが取得しづらい環境や複雑な構造物においても上下6つの魚眼レンズが取得したデータをもとに障害物を回避しながら安全に飛行します。構造物だけではなく、屋根やソーラーパネルなど平面の撮影にも有効です。

特徴アイコン

シンプルな操作

撮影対象を高さと面で指定し、目的に応じたラップ率等を設定するシンプルな操作で利用可能です。

特徴アイコン

効率的な撮影

3Dデータ処理に必要な画像を自律的に機体をポジショニングし撮影するため、効率的かつ安全な飛行を実現します。

特徴アイコン

撮影結果のスムーズな確認

飛行後、操作タブレット上から撮影結果をすぐに確認が出来ます。そのため撮影漏れを防ぐことが出来ます。

特徴アイコン

画像解析での活用

撮影対象と一定の距離を保ち撮影します。そのため"ひび"や"さび"などdocomo sky®のデータ解析に最適な画像取得が行えます。

  • ※仕様の一部は予告なく変更されることがあります。
  • ※Skydio 3D Scan™を活用するにはSkydio社ドローンおよびSkydio Autonomy™ Enterprise Foundationが必要となります。
  • ※3Dモデル構築には別途解析ソフトウェアが必要となります。
  • ※Skydio 3D Scan™はSkydio社が発行する「Skydio 3D Scan™ Operator Manual」を確認し、安全に十分な配慮をしたうえでご利用ください。
  • ※docomo sky®はNTTドコモの登録商標です。

USE CASE

ユースケース

活用イメージ動画