docomo sky
Please rotate your device
PRODUCT
Scroll Down

POINT

Skydio 2TM
主な特徴

「Skydio 2™」は、AIによる自律飛行技術、障害物回避技術を搭載しており、従来飛行が難しかった場所においても安全な飛行が可能です。223m×273m×74mm (l×w×h)というコンパクトな筐体で 4K動画、1200万画素の画像撮影が行え、最大23分飛行します。

特徴アイコン

360°障害物回避

機体の上下6つの魚眼レンズカメラで常時360°周囲を確認し、障害物を自動で回避する自律飛行を行えます。

特徴アイコン

Additional Obstacle Avoidance Modes (AEFのみ)

障害物検知範囲を標準の半径約86cmから約28cm, 約10cm, offと検知範囲を変更することが可能です。

特徴アイコン

Vertical View (AEFのみ)

カメラ角度を上向き90度まで拡張し、上部を撮影する際、機体を方向転換することなく撮影が可能です。

特徴アイコン

Visual Return-to-Home (AEFのみ)

屋内等のGPSが取得しづらい環境においても、上下6つ取得したデータをもとにドローンを安全に帰還させることができます

特徴アイコン

Waypoint Mission (AEFのみ)

飛行前に機体の高度、向き、カメラ角度などを設定することで、事前に指定したルートを飛行可能です。

特徴アイコン

豊富なZoom機能 (AEFのみ)

3倍デジタルズームを施した映像記録や、360度の魚眼映像を確認し、広範囲な状況把握が可能になります。

  • ※仕様の一部は予告なく変更されることがあります。
  • ※上記機能はSkydio社が発行する「Skydio 2 Enterprise Operator Manual」を確認し、 安全に十分な配慮をした上でご利用ください。

USE CASE

ユースケース

「Skydio 2™」を用いた活用事例をご紹介します。

点検

点検
Skydioの障害物回避機能を活用することで、従来のドローンよりも点検対象物に安全に近づき撮影が可能となります。またカメラを上下90度、デジタルズーム機能などを活用することで機体操作を最小限にしながら確認を行うことができます。さらにGPSが取得しづらい橋梁下や屋内などの環境でも障害物回避機能含め安定した飛行が可能であり、様々な産業で活用されています。

巡回

巡回
Skydio 2™では上下6つのカメラで周辺環境の情報を常に取得しています。取得された周辺環境情報と実証実験用にNTTドコモが独自に開発している飛行プログラム用いることでGPSが取得しづらい環境においても自動飛行を行うことが可能となります。機体の位置やカメラの位置や機体の向きが制御し、飛行ルート上に障害物がある場合も自律的に回避できるため巡回用途での活用が期待されています。

サービス紹介映像